英語学習

表現の幅を広げるのにおすすめの英単語集!

新しい言葉を使えるようになるためには、
どんな力が必要だと思いますか?

文法やリスニング、時にはコミュニケーション能力なんかも
言語学習には必要だと言えそうですよね!

その中でも欠かすことができないのが「単語力」と言えます。
聞くのも読むのも単語を知らなければ理解できません!
もちろん、話すことも書くこともできないでしょう。

単語を知ることはその言葉の世界を広げることになります!
この記事では、そんな単語学習にぴったりの
「単語帳」をご紹介させていただきます!

専門分野の単語も学べば役に立つ!

英単語張も出版された方々の熱心な研究の甲斐もあり、
用途に合わせて様々な単語帳が発売されています!

大学受験向けのものだけじゃなくて、
英検対策やTOEIC対策の単語帳などバリエーション豊富になっています。 

臨床心理士指定大学院入試のための心理英単語なんていう、
臨床心理士を目指している人向けの単語帳まで出版されています!
様々な分野で容易に英語の学習ができるようになりましたし、
見方を変えれば何をするにも英語力が求められるようになってきたのかなとも思います。

それにしても、単語力は必要だな~と思っても、なかなか億劫で手が出しづらい人も多いのではないでしょうか?私も教員、塾講師、家庭教師として様々な方面で「単語は少しずつでもいいから覚えようね」などと言いつつ、大学に入るまでほとんど単語の勉強なんてしてきませんでした。大学では英語を専攻していたのでさすがに、授業についていくためにある程度は単語帳も使いましたが・・・。

単語学習が始めづらい、継続しづらいと感じる要因の一つに、覚えても実際にその単語に出くわさない、使わないということが挙げられるないでしょうか?確かに単語帳でしか見たことない単語だな~とか、資格試験でしか出てこないような言い回し、語彙もあるように思います

とりわけ、専門用語になると、ごく限られた人しか必要のないもののように感じると思います。しかし、私が実際に使ってみて(今も使っています!)これは意外と役に立つな!と感じた単語帳があります。この記事ではぜひその問題集を読者の皆様にも紹介させてください!!

それが医学部受験の英単語です。このシリーズ実は各教科出版されているんですね・・・。恥ずかしながら知りませんでした。他にも医学部攻略の生物 (河合塾シリーズ)医学部の小論文 (河合塾SERIES)などなどかなりいろいろな種類が出てます。
題名だけ見るとかなり難しそうですが、出てくる単語は普段の生活でよく耳にし、口にすることが多い単語ばかりです。例えば「歯科」(dentistry)、「虫垂炎(いわゆる盲腸)」(appendicitis)なども出てきます。他にも最近、某ジャニーズグループの一員が世間をにぎわせた際に出てきたアルコール依存症」(alcohol dependence)なんかも載っています。案外、身の回りにある単語が載っているな~という印象を受けました。
筆者も前書きで「医学部受験に特化した本格的な単語集を提供することをめざして」と記していますが、十分に生涯学習として英語を学習する人にも使い道のある1冊だと思います!
私の中ではかなりの掘り出し物だな~と思っていますので、少し癖のある単語帳なんかを探している方はぜひ使われると良いと思います!!
関連記事はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA