特別支援教育

全教員に求められる知識「特別支援学校教員免許状を取得する必要性」

この記事では、
現在の教育界で必須の能力になる「特別支援教育」について、
特別支援学校免許状の必要性と併せてまとめています。

現在教員として勤めている人だけでなく、
これから教員を目指すという方も特別支援教育に関する知識はとても重要な要素になってきます。

というのも、
平成24年:教育的支援を必要とする児 童生徒に関する調査結果について では、
学習障害・注意欠陥多動性障害・高機能自閉症などの、
特別な教育的支援を必要とする児童生徒数について、
約6.5パーセント程度の割合で通常の学級に在籍
している可能性を示しています。

このように、障害を抱えた児童生徒は決して珍しいものではなく、
通常学級を担当する教員にとっても、
知識や対処法を知っていることが求められます。

そこでこの記事をご覧いただき、
特別支援教育の特殊性と、
特別支援学校教員免許の必要性について理解を深めていただけたらと思います。

特別支援教育への理解の必要性

まず初めに上記の数は可能性であって、
実際に診断を受けて障害と診断された数とイコールではない点については留意する必要があります。

それでもこのデータが公表された時にはかなりの衝撃がありました。
6.5%という数字は、
30人学級であれば1クラスに1,2人は特別な教育的支援が必要な子供がいる割合に達しています。

しかも、障害の医学的な判断を受けていなければ、
特別支援学校や特別支援学級に所属する選択肢をもつこと自体できません。

それは同時に、通常学校の教員免許しかもっていない教員であっても、
障害をもった可能性のある児童生徒に関わる必要があることを意味しています。

特に特別支援教育には特有の課題もあります。
詳しくは以下の記事を参照ください。

【関連記事】>>> 特別支援教育特有の課題とは?

特別支援教育に関する専門性の重要性

先ほど少し触れましたが、
医学的な診断が無ければ特別支援学校・学級には所属できません。

医学的診断があっとしても、
特別支援学校・学級に所属しなくてはいけないわけではありません。

あくまでも、選択肢の中に特別支援学校・学級が含まれてくるというレベルです。

そうすると課題として浮かぶのが、
特別支援教育に関する知識の無い教員も、
障害をもった・もっている可能性のある子供の教育に深く携わることになる点です。

特別支援学校教員免許が存在する以上、
特別な知識や技能が求められる領域であるということになります。

それにもかかわらず、
特別支援学校の教員免許をもっていない教員が、
該当生徒の教育を担当している現状があります。

これは通常学校・学級に限らず、
特別支援学校の教員でも免許を有していない教員がいます。

それだけ人材が不足しているということを表しています。





スポンサーリンク

特別支援学校教員免許取得のハードル

障害児教育の理解には専門的な知識技術が必要ですが、
現実として、障害児教育過程に進まない限り免許取得は容易でないのが現状です。

現状で特別支援学校教員免許の取得は、
小学校教員免許取得とセットで行われている学科が多いです。

中学校や高等学校の免許取得には専門科目の教科が多く、
それらに加えて特別支援学校教員免許のための科目を履修することは難しいのです。

従って多くの場合は、
大学を卒業後に通信制大学や専修過程、科目等履修生として大学に通い、
改めて免許を取得する必要があります。

特別支援学校教員免許の義務化の可能性

現行の制度であっても、
特別支援学校での数日間の実習を行う機会はあります。

多くの大学生は特別支援学校や社会福祉施設で実習を経験し、配慮の必要な人々と接する機会は確保されます。

問題は、それだけで十分な能力を身につけられるのかということになります。

解決策として考えられるのは、
特別支援学校教員免許の取得を義務化するという方法です。

教員免許過程の一環として、
特別支援教育の専門性の取得を取り入れることはできないのでしょうか?

他には、教員の研修に特別支援教育の専門的な内容を取り入れ、学校で働きながら特別支援学校教員免許を取得できるようにすることです。

ここで大切なのは、特別支援学校教員免許取得ではありません。
現状では特別支援教育の専門性を証明するのが、
特別支援学校教員免許です。

技能の習得を証明できる代わりの資格があれば、
それが代替機能を果たすことができるでしょう。





スポンサーリンク

特別支援教育の知識が必要とされる理由

ここまで、特別支援教育に関する知識の重要性、
そして現状その技能を証明することになる、
特別支援学校教員免許取得の必要性について紹介してきました。

通常学級にも障害を有している、
もしくは特別な支援が必要な児童生徒が含まれている可能性が大いにあります。

それらの子供に別途の支援が必要になることはもちろんですが、そのためには知識と技能が求められます。

特別支援教育について学ぶためには、
一旦大学を卒業したのちに通信性大学だったり、聴講生としてだったり改めて学びの場を作る必要があります。

これは勤務しながらでは難しく、
そのハードルはかなり高いと言わざるを得ません。

この課題をクリアにすることが、
子供全体に対する教育の機会と質を担保し、
成長の機会を確保するために必要になるでしょう。

関連記事はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA