英語勉強法

英検準1級:語彙問題で高得点を取るコツ!

英語の勉強をする上で、
資格試験は到達度を測るうえでモチベーションになります。

一方で、なかなか思ったような成果が出ないと
やる気が無くなってしまうこともあります。

英語で言うと英検やTOEICが最もメジャーですが、
英検準1級合格は一つの目安として使われやすい基準です。

英検準1級合格で得られるメリット

英検準1級が目安として使われるというのは、
優遇措置から見て取ることができます。

と言いますのも・・・
大学入試で優遇されるだけでなく、
教員採用試験での加点など、
長期間にわたってその恩恵を受けられるからです!

ただ言い換えると、
それだけの優遇があるということは、
難易度も高めに設定されているということです。

しっかりとポイントを抑えて臨まなければ、
合格を勝ち取ることはできません!

この記事では「語彙問題」一点に絞って、
高得点を獲得するためのコツについてお伝えします。

その他の分野別英検準1級攻略法はこちら!

この記事では語彙問題に着目していますが、
英検準1級合格にはさまざまな能力が必要です。

分野別でしっかり対策をすることが合格への近道になります。
以下の記事も併せて読んでもらえると嬉しいです!!

語彙問題は点数の稼ぎどころ

英検準1級を取得しようと学習に励む際に、挫折しやすいポイントとして挙げられるのが単語問題(大問1)ではないでしょうか?

私も準1級取得に向けて勉強し始めた際に、最も苦労したのが語彙問題でした。

しかし、結果的に語彙問題で8割以上取れたことで合格することができました。
語彙問題は難所でもありますが、コツさえつかめば点数の稼ぎどころにもなります!

この記事では私が語彙問題で高得点を取るために実践したこと、
こうすればもう少し点数が取れたなというポイントについてご紹介します!!

単語帳での学習は必須!

語彙問題だけでなく、準1級に合格するうえで避けて通れないのが単語力の強化です。
長文や英作文、リスニング全てにおいて単語力は必要です。

単語を学習するうえで恐らく最も使われていると思われるのが、英検準1級 でる順パス単 (旺文社英検書)かと思います。

こちらの単語帳をしっかりと暗記すれば語彙問題で高得点を獲得することは可能です。

ですが、この単語帳に出てくる単語はレベルが高いです!
特に社会人など勉強時間の確保が難しい方には、1周するだけでも大変かもしれません。

そこで、語彙問題の特徴を活かし、勉強方法に一工夫加えるのです。

語彙問題は正解探しではなく間違い探し!!

語彙問題と言うと、空欄に適する単語を選ぶというものです。
選択肢は4つ。運任せでも25%の確率で正解します。

しかし準1級を受験される方であれば、ほとんどの場合で2択程度に絞る力はあるはずです。つまり、この時点で50%の確率で正答できます。

つまり、語彙問題は1つの正解を見つけるか3つの間違いを見つけるかという問題なのです。上記のような準1級用の単語帳は、正解の一単語見つけるための勉強法なのです。

そして、答えに適さない選択肢は案外容易な単語が数多く含まれています

ここが、語彙問題で高得点を取るためのコツです!!
ジーニアス英単語2200のような、大学受験用の単語帳に出てくる単語が、選択肢に多いです。
実際に私も、この単語帳を使って単語の学習をしました。
そうすると、「正解の単語は分からないけど他の選択肢は全部違うぞ!」という体験をするようになりました。

もちろん正解の単語が分かれば、解答に一番確信を持てますからそれに越したことはありません。
しかし、語彙問題の中で1つや2つ間違い探しで正解することができると、正答率は大きく上がります
常に正しい方法で解く必要はありません正しい答えを選ぶことが合格につながります

長文やリスニングの単語も難しくない!

大学受験用の単語帳で学習することが重要な理由として、長文やリスニングに出てくる単語のレベルは実は高くないということが挙げられます。

圧倒的に大問1の語彙問題の難度が高く、次いで長文、リスニングのレベルかと思います。
中にはいくつか高難易度の単語も混ざってはいますが、内容理解や解答に支障をきたすほどではありません

英作文も難しい構文や単語を使うよりも、正しい文法で書く方が高得点が取れます
実際に私は、ほとんど英作文のテンプレートに当てはめただけのような英作文で満点を取ることができ、高得点につながりました!!

語彙問題に苦手意識を持たないようにしましょう!

ここまで見てきたように、語彙問題を正解するためには、正解探しと間違い探しの両面から考えると気持ちも楽になります。

特に誤った選択肢には、大学受験レベルの単語が多く含まれています

そして、長文やリスニングも大学受験レベルの単語で書かれたものが多いです。
英検準1級のために新たに覚える必要のある単語は多くありません。

リスニングも単語の学習よりも、口語表現の学習をした方が効果的と思えるくらい目新し物はあまり出てきません。

自分に合った学習法、学習時間で臨みましょう!

そうは言っても、大学生のように留学のために英検に挑む方や英検取得のために時間を割ける方は、英検用の単語帳を使っての学習をオススメします。

単語は知っていて損はありませんし、長文を読むスピードも上がります。
自分の生活スタイルに合わせて学習することが、合格への近道です!

いずれにしても、語彙問題のレベルは全体的に高いのは事実です。膨大な単語量の暗記が必要ですし、なかなか結果に繋がらないこともあると思います。
ですが、それは他の受験者も同じです。語彙問題を得点源にしている人は多くありません

語彙問題の得点向上に直接つながらなくても、他の大問や二次試験、今後の学習で役に立つことは間違いありません。
隙間時間を有効活用しながら学習に励みましょう!!

隙間時間の有効活用の仕方は以下の記事でまとめています!
特に社会人の方は必見です。
英語を学ぶには空き時間の有効活用が大切!

関連記事はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA