英語勉強法

初級者向けのリスニング教材「英語を聞きとるトレーニングBOOK」

この記事では、
「リスニングが苦手」「英語を学び直したい」
という方に向けておすすめのリスニング教材をご紹介します。

英語を聞き取ることに対して、
苦手意識をもっている人は少なくありません。
しかも自分がどのレベルにいるのか把握することも大変ですよね。
自分のレベルが分からないと、
教材選びもどれから手を付けたら良いのか悩んでしまいます。

ゼロからスタート英語を聞きとるトレーニングBOOK」では、英語の音レベルから文章レベルへとステップアップ形式でリスニングの勉強を進めることができます。
それによって自分が苦手な音や、
自分が聞き取れる長さを把握することができるようになります。

リスニングが苦手な初級者におすすめの教材

英語を勉強していてレベルアップを感じにくいものに、
「リスニング」の勉強があります。

それはリスニングを勉強するときに、
自分にとってどのレベルが合っているのか分かりにくいからです。

その結果、基本的な部分を飛ばしてしまい、
いきなり難易度の高い教材に取り組んでしまいがちです。

特にいきなり英語の映画や歌で勉強するのは、
楽しさは別として難易度的には全く適していません

リスニングに対して苦手意識を抱いている人ほど、
まずは「音レベル」での聞き取り練習が重要です。

そんなときにおすすめしたいのが、
ゼロからスタート英語を聞きとるトレーニングBOOK」です。

このテキストはリスニングが苦手な人以外にも・・・

・自分のリスニングレベルが分からない

・リスニングの勉強法を知りたい

というあなたにもおすすめできます。

ぜひ本記事をご覧いただいて、
教材選びの参考にしてもらえたらと思います。

教材の特徴

それではここからは、
教材の特徴についてご紹介していきます。

ゼロからスタート英語を聞きとるトレーニングBOOK」では、大きく分けて以下の3つの特徴が見られます。

①音レベルから文章レベルへステップアップ

②ディクテーション₍書き取り₎練習の丁寧な解説

③解説が丁寧

以上の3点が挙げられます。
それでは1つずつ詳しくご紹介していきます。

1.音レベルから文章レベルへステップアップ

リスニングを上達させるためには、
「音レベル」と「文レベル」の向上が必要です。

英語と日本語では、
使われている音の種類が全く異なります。

例えば、日本語の母音は「あ・い・う・え・お」の5種類です。
それに対して英語では、20種類以上あると言われています。

それくらい音の違いがあるということは、
意識的に練習をしないとなかなか聞きとれません。

そこでこの問題集では、
母音の発音から始まって子音の聞き取りへと、
まずは音を意識するところから始めていきます。

聞きとるだけではなく、
その音をどのように発音するかも書かれているので、
CDの音源を使いながら発音練習もできます

音レベルでの聞き取りができるようになると、
英語特有の脱落や同化などの聞き取りに移ります。

例えば・・・
big car → ビッ・カー
のようにビッグ・カーと分けては発音しません。

こういった日本人がつまずきやすい音声の練習をしていきます。

ここまで見てきたように、
最初は音レベルで始まり少しずつ単語のつながりから文レベルへと、
ステップアップして進んでいきます。

英語力に不安がある人でも、
一から始めるには最適な教材です。

2.ディクテーション₍書き取り₎練習の丁寧な解説

ゼロからスタート英語を聞きとるトレーニングBOOK」は、
ディクテーション」という方法を使って勉強していく教材です。

ディクテーションとは、
簡単に言うと「書き取り練習」のようなものです。

聞こえてきた英語を書き取っていくことで、
自分がどの部分を理解できなかったのか把握できます。

聞こえてきた英語を書かないといけないので、
初めのうちはスペルミスをすることもたくさんあります。

ですが、むしろそれは良いことなんですね。
というのも、続けていくと少しずつ発音とつづりがマッチしてくるようになります。

リスニングはもちろんですが、
ライティングの練習にもなるので一石二鳥の勉強方法とも言えます。

教材自体がディクテーション用に作られているので、
最初は単語レベルが空欄になっていて、
次第に文レベルでのディクテーションへと進んでいきます。

原稿を用意したり穴埋めを作ったりする必要が無いので。
買ってその場でディクテーションが始められるようになっています。

3.解説が丁寧

リスニング教材の中には、
原稿が載せてあるだけのようなものもあります。

確かに原稿通りに流れてくるので、
それが聞き取れるかどうかなのですが・・・
これではあまりにも不親切ではないですか?

ゼロからスタート英語を聞きとるトレーニングBOOK」では、
リスニング原稿はもちろんのこと、
ディクテーション箇所以外でも難しい単語には日本語訳が併記されています。

意味が分からない英文で練習しても、
なかなか向上を実感できません。

聞き取れるようになった英文の意味が分かって初めて、
リスニング力が付いたということができます。

この教材はとにかく解説が丁寧なので、
解答では聞き間違いやすい単語が一緒に載っています

発音の違いとセットで確認することで、
リスニングと単語力の両方を身につけることができます。





スポンサーリンク

リスニングが苦手な人ほどおすすめの教材

この記事では特にリスニングが苦手という人に向けて、基礎から学ぶことのできる教材をご紹介してきました。

英語を勉強する以上、
英語で会話をしたり映画をみたりと、
日常生活で活用したいと思うのはもっともです。

そのためには、英語を聞く力₍リスニング₎を向上させることは必要不可欠ですよね。

ゼロからスタート英語を聞きとるトレーニングBOOK」を利用すれば、
リスニングに苦手意識をもっている人でも、
一から勉強することができます。

①音レベルから文章レベルへステップアップ

②ディクテーション₍書き取り₎練習の丁寧な解説

③解説が丁寧</strong

この3つの特徴が押さえられているので、
リスニング教材に悩んでいる人にはぜひ手に取ってもらいたい1冊と言えます。

関連記事はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA