教育情報

あなたの子供は向いている?!家庭教師のメリット・デメリット

2017年小学生の40%以上が塾に通っているというデータがあります。
(家庭教師を含む)

小学生通塾率 [ 2017年第一位 東京都 ]|都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン]

まだまだ地域差は大きいものの、
東京都では半数を越える小学生が通塾しているそうです。

中学生になると全国平均で60%強、
神奈川県では74%と4人に3人が通塾していることになります。(家庭教師を含む)

中学生通塾率 [ 2017年第一位 奈良県 ]|都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン]

健康上の理由や金銭的な理由で、
通塾困難や家庭教師が雇えないという家庭もあることを考えると、
学校以外で学習の機会を確保することは一般的になっていると言えます。

現在、学習塾には集団式の授業形態に加え、
段階別指導・少人数指導・個別式といったような多様な形式があります。

学習塾に加えて、
家庭教師という選択肢も依然として選ばれることが多くあります。

こうなってくると、
塾にするのか家庭教師にするのか、はたまた通信教材という手段もあるようだ・・・
などと困惑されることもあるかと思います。

そこでこの記事では、「家庭教師のメリット・デメリット」について紹介させていただきます。

是非とも学校以外での学習を始めたいと考えている方、
現在の塾、家庭教師を変更したいと考えている方の参考になればと思います。

家庭教師を選ぶことのメリット

学習塾がたくさんある中で、
家庭教師を選ぶことのメリットはどこにあるのでしょうか?

実は家庭教師ならではの利点というものが存在しています。
これから以下の3点に注目して、
家庭教師のメリットについて見ていきたいと思います!

①継続的、集中的に指導してもらえる

②指導を柔軟に変更してもらいやすい

③送り迎えが不要

継続的、集中的に指導してもらえる

まず家庭教師を雇うメリットが、
継続的そして集中的にお子様に指導してもらえるということです。
この点が家庭教師の最大のメリットと言えるでしょう。

どの会社であっても基本的には、
各家庭に対して1人の家庭教師が継続的に指導にあたることが一般的です。

定期的に同じ家庭教師が指導を行うことによって、
現段階でどこまで理解が進んでいるのか、
この先どこを重点的に指導していけば良いのかを家庭教師が把握できます。
その結果、その後の指導に役立てていくことが可能になります。

また、授業回数、曜日が家庭教師と相談で決定できる場合、
定期考査前に集中的に授業を実施してもらうように依頼することもできます

指導を柔軟に変更してもらいやすい

二つ目のポイントが一人の家庭教師がつくことによって、
家庭の都合などで授業日程の変更を行うことが比較的容易に行えるという点です。

家庭教師は基本的に、家庭と教師が直接連絡を取り合うことができます。
ですので、体調が悪くなった時や長期休暇中、家庭の都合など、
授業日程が合わなくなってしまった時に、
授業振替の相談が行いやすいということがあります

日程的な面に加えて、
授業内容についてもご要望を出すことが容易かと思います。

学校の宿題を重点的にやってほしい、提出物を見てほしい、受験問題を取り組んでほしいなど、家庭教師に相談することで指導方針を一緒に考えていくことが出来ます。

送り迎えが不要

最後が家庭まで教師が行くということは、
送迎が不要ということになります。

この点が大きいという家庭は意外と多いのではないでしょうか。
また、屋外に出ないため通塾時に犯罪に巻き込まれるなどの心配がありません。
家庭の中で全てが完結しますので、
送迎時間が必要になることや無事に帰宅するかやきもきしながら待つ必要が無くなります。

デメリット

続いて、家庭教師を選ぶ際に気を付けなければいけない点について見ていきたいと思います。

学習塾との違いを理解することで、
自分の子供にはどちらが合っているか正しく選択することが出来ます。

家庭教師特有のデメリットについて、
以下の3点に絞って見ていきます。

①教師と子供のミスマッチ

②教師の質の見極めの難しさ

③会社との連絡のスムーズさ

以上の3点をよく考慮して、
家庭教師を選択するかどうか選びましょう。

教師と家庭(子供)のミスマッチ

家庭教師に来てもらううえで最も起こりうるのが、
教師とのミスマッチです。

人対人の関わりなので、
どうしても合う合わないは存在します。

特に性格面に関しては、
時間の経過とともに良化していくことが少ないので、
初めから合わない場合、効果的に指導を行えるかどうか難しい面があります。

性格面以外にも、所作が合わないということに始まり、
指導の仕方、礼儀など人対人ですので合わないことが出てくる可能性が大いにあります。
意外と子供本人よりも家族が受け入れられないというパターンがあります。
しかも、大人と大人ですからなかなか直接指導に関係ないことで要望を出すことも難しいかと思います。

そうなると多くの場合が、
教師の交代を家庭教師センターに希望するということになります。

子供からしてみると、
新しい教師に慣れるまでは緊張もしますし、質問ができないということも十分考えられます

教師に指導力があるのかどうか見極めるのが難しい

家庭教師は大学生のバイトとしても人気です
基本的には家庭教師をアルバイトとして選ぶ学生は、
子供が好きであるとか、将来先生になりたいと考えている人が多いとは思います。

それでも子供に教えるという点に関してはほとんどの大学生が未経験ですし、
大学で模擬授業や実習を行っていたとしても、
それはある意味では「作られた環境での教育」でしかありません。

従って、必ずしも人に教えるということに精通している人がやってくるわけではないということは頭に入れておく必要があります。

更に大学生の場合、自分の専攻している教科以外から遠ざかりがちなので、
本当に満遍なく複数教科を指導できるかは人によるところが大きいと思います

また、一人の子供に一人の教師が多いので、
塾と違い他の教師の授業を受けたり見たりする機会がありません。
ですので、その教師の指導が上手いのか下手なのか判断しづらいこともあります。

プロしか雇っていない会社もあるので、
不安な方はそちらも調べてみると良いかもしれません。

トラブル時に本部と話が通じづらいことがある

家庭教師は会社が教師に委託するという形で運営されていることが多いです。

そのため、教師本人に直接言いづらいから家庭教師センター本部を通したいと思っても、
基本的には教師の交代以外で対応してもらうことが難しくなります。

本部から教師に遠回しに指導方法の改善などを伝えてもらっても、
要望の出どころは連絡が来た時点で分かりますので、
後々気まずい関係になることもあり得ます。

反対に教材や授業料について分からないことがあるからと、
教師伝いに聞いておうとすると、
本部まで話が届いていないということや意図と異なった形で伝わることもあります。

資料の請求や体験授業が大切

ここまで家庭教師についてのメリット・デメリットをそれぞれ3つずつ列挙しました。
ここに挙げたことはあくまでも一例ですので、
これらの問題が解消されている会社や、
反対にサポートが不足している会社もあります。

まずは資料の請求など実際に問い合わせてみることが大切です。
その際に入会を迫るような会社はまず切ってしまって大丈夫です。

可能であれば体験授業なども受けられると良いかなと思います。
こちらも体験授業後に入会前提で話を進めるところは再考の余地があるかと思います。

授業が良くても、サポート体制が良くないと不満が出てきます。
成績を上げたいために焦る気持ちは分かりますが、
グッと堪えて、一回で子供に合った家庭の悩みの原因にならない学習サポートが受けられる場所に入会することが大切です。

関連記事はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA