英会話サービス

小・中・高校生専用オンライン英会話「ハッチリンク ジュニア」とは?【メリット・デメリット】

小学生のうちから英語が教科化されるなど、
早期英語教育が注目されています。

また、大学入試でスピーキング力を含む
4技能を評価しようとするなど、
会話能力が求められ始めています。

これらの傾向を総合すると、
ある程度早期から英語を話す力を鍛えることは、
社会の需要とマッチしていると言えます。

この記事では子供専用オンライン英会話
ハッチリンクジュニア」について、
メリット・デメリット両面からご紹介させていただきます!

英会話教室を選ぶ際の参考にしてもらえたらと思います。
公式サイト:ハッチリンクジュニア

ハッチリンクジュニアの特徴

現在は様々な形態の英会話教室が存在しています。
特徴をしっかりと把握したうえで選択することは、
長く効果的に続けるためには欠かせません!

それでは早速ハッチリンクジュニアの特徴を見ていきましょう!!

①スカイプを使っての学習

1つ目の特徴がスカイプを利用した学習です。
スカイプ自体は無料で利用可能なテレビ電話なので、
通信費が別途かかることはありません。

講師陣は全員自宅勤務ではないため。
講師側の回線が授業に支障をきたすことはありません。

またオンライン授業なので、
自宅にいる状態で英会話を学べることが、
ハッチリンクジュニアの最大の特徴と言うことができるでしょう。

②授業の度に講師を選べる

ハッチリンクジュニアは担任制度導入していません。
授業の予約をする際に、講師を選択します。

子供に合った講師が見つかるまで、
色々な講師の授業を受けることが出来ます

講師によって接し方や授業の進め方は個性があるので、
飽きることなく授業を受けることができます。

③8段階のレベル別学習

ハッチリンクジュニアでは子供の英語レベルに応じて、様々な授業が
実施されています。

ABC授業からスタートすることができるため、
英語に接した経験のない場合でも安心して始めることが出来ます。

一方で英語に親しんでいる場合は、
英検対策の授業を受講することもできます。




スポンサーリンク

ハッチリンクジュニアのメリット

それではここまでの特徴を踏まえて、
ハッチリンクジュニアのメリットについて見ていきましょう!イメージ画像

 

 

 

 

 

 

①マンツーマンレッスンで成長が早い

ハッチリンクジュニアはマンツーマン指導です。
子供の場合集団学習だと集中力が切れてしまいます。

短時間に集中的に学習することで間延びせず、
高い学習効果が期待できます。

また講師陣は、
会社独自の子供向け英語教育課程を修了しています。

質の高い講師から集中的に英語を学ぶことが出来る点は、
ハッチリンクジュニアの大きなメリットであると言えます。

②多様な学習教材

ハッチリンクジュニアではレベルに応じて、
様々な授業が用意されています。

特に幼稚園児や小学生はどうしても飽きてしまいやすく、集中力が持ちません。
そこで、教材の工夫が大切になってきます。

例えばフラッシュカードを使用したり、
英語ゲームをしたり、歌を歌ったりなど様々な活動を行っています。

早くから英語を始めても、
英語嫌いになってしまっては意味がありません。

ハッチリンクジュニアを始める際には、
多くの子供は英語初体験です。

ビギナーを教える経験を豊富に持っている講師は、
それだけ引き出しを多く持っています。

学校で英語を習い始める前の子供には、
専門的な知識が必要と言えるでしょう。

そういった点に関してハッチリンクジュニアは、
安心して子供に習わせることのできるサービスと考えられます。

③選択肢が豊富な料金設定

どんなに良質な英会話教室がでも、
毎月高額な支払いを続けることは大変ではないですか?

小さい子であればあるほど、
教育費は長期間に渡ってかさんでいきます。

ですので、料金設定はとっても大切な要素です。

ハッチリンクジュニアは月あたりの受講回数によって、
料金が決められています。

料金表

 

 

 

 

一番安い価格だと月に4回のコースで、2,760円₍税抜き₎で受講できます!

毎日1コマ₍25分₎受講したとしても、
月額11,111円₍税抜き₎で受けられるのは安価な料金設定ではないでしょうか?

加えて、教材を購入する必要が無いため、
月謝のみの支払いでOKです!

市販教材を購入することもできますが、
完全に希望制なので、
必要に応じて考慮すれば良いと思います。

また、無料で体験レッスンが受けられるので、
まずは合うかどうか試してみることをオススメします!

体験レッスン申し込みはこちら → ハッチリンクジュニア

ハッチリンクジュニアのデメリット

さてさて、ここまでは良い点を見てきましたが、
長く続けるにはデメリット₍短所₎をしっかりと理解することが大切です!

デメリットを知ることで、
それを補うために必要なことが見えてきます。

それでは早速、
ハッチリンクジュニアのデメリットをご紹介します。

①講師との相性

一つ目が講師との相性です。
これは誰かに教わる際には付き物ですが、
どうしても人対人の場合は合う・合わないがあります。

レッスン毎に講師を選べるので、
次回からは違う講師を選べば良いのですが、
実際にレッスンを受けるまでは上手くいくか分からない点があります。

人見知りをしないような子なら大きな問題にはならないかもしれませんが、子供との相性は注視していきましょう!

また、いつも習っているの講師と
時間が合わないこともあります。

人気の講師だと予約が取りづらいこともあるのが、
講師選択制の難しいところかもしれません。

②中高生の選択肢としては難しい?

二つ目が中・高生が利用する際の注意点です。

ハッチリンクジュニアは18歳までの子供向けのサービスです。
英検対策行っていますし、
英会話の能力は年齢問わずに重要になります。

一方で、中高生が英語力アップを目指す最大の理由は「受験」です。

定期考査等の筆記試験の対策として習うには、
少し方向性が違うかもしれません。

また1レッスンが25分というのも、
幼稚園児や小学生に向いていると言えるでしょう。

学習内容が難しくなれば、
どうしても学習時間も必要になります。

また、他教科の学習の重要性も増すので、
選択肢として、学習塾の方が優先度は高くなるかもしれません。

幼稚園児・小学生が自宅で安心して受けられるサービス

ここまでメリット・デメリットを紹介してきました。
総合してみると・・・
自宅で学習ができるという利点と、
多様な方法で英語が勉強できるという点が強みと言えるでしょう!

強みを最も受けられるのが、
幼稚園児や小学生などになります。

英語学習の入り口として、
安心して受けることのできるサービスです!

公式サイト:ハッチリンクジュニア




その他の英語学習サービスのまとめ

このブログでは、
本記事以外にも英語学習サービスについてご紹介しています。

大人向けのサービスも含めて、
特徴やメリット・デメリットをまとめていますので、
色々比較してもらえたらと思います!!

関連記事はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA