英語学習

英語力を向上させるためのコツ 英文法を英語で勉強する重要性

この記事では、
英語で書かれた文法書」のメリットについてまとめています。

英語を勉強する時に、
英会話を利用する人が増えています。

それだけ英語ができるようになるためには、英語に触れる必要があるという感覚が強まっていると言えます。

一方で、文法の勉強に関してはまだまだ和書を使った勉強が一般的です。
実は、洋書を使って英文法を勉強すると大きなメリットがあります。

英語で書かれた文法書のメリット

英語で書かれた文法書は理解するのに時間がかかります。
内容も専門的で細かなことが書かれています。

理解するには英語力がある程度必要になるだけでなく、
前提条件として文法知識を一通り押さえていることが重要です。

それだけ読むのが大変な洋書ですが、
その分メリットも大いにあります。

特に「文脈による使い分け」に関しては、
和書をはるかにしのぐ知識が得られます。

日本語で表現できない違い

日本語で書かれていても英語で書かれていても、英文法の基本ルールは変わりません。

ルールの大枠は同じですが、微妙なニュアンスの違いはあります。

その違いを説明するには、日本語では十分に表しきれない場合があります。

そのような場合に、
英語で書かれた英文法書は有用です。





スポンサーリンク

おすすめの文法書

洋書で書かれた文法書のメリットは主に、
「ニュアンスの違い」など細部にあります。

もし英語を実生活で活用したいと思うなら、
相手に与える印象などの違いは人間関係に影響を及ぼします。

それだけニュアンスは重要な役目を果たしますが、
ここでおすすめの文法書をご紹介します。

ジェフリー・リーチによって書かれた “Meaning and the English Verb” です。

この本は動詞と意味に着目して書かれた内容です。
大学の講義で扱った本ですので、
英語力的には英検2級程度が必要なのかなと思います。

文法的な知識はすべてここに含まれているので、
読み進めるために予備知識はそこまで必要ありません。

イラストが豊富に含まれていて、
内容を理解するうえで手助けをしてくれます。

CHAPTER1から現在時制、過去時制と基本の基本から細かく記述されています。

詳細については実際にこの本を読み進めていっていただきたいのですが、
例えば・・・

They walked for a couple of hours.

と表すことはできるが

They walked in a couple of hours.

と表すことはできないということが約1ページにわたって記載されています。

他にも動詞をA~Jのグループに分けて解説しており、基本的にbe動詞と一般動詞の2つに分けて考えるという、日本人的な思考とは全く違う捉え方をしているということが分かります

文法書を読む時のポイント

和書でも洋書でも同じことが言えますが、
文法書は繰り返し読むことが大切です。

内容を丸暗記するというよりも、
気になった表現があった際に該当箇所の文法について読むことが重要です。

そのためにも付箋を貼ったり要点をまとめておいたりするなど、文法書をさらに自分なりにまとめる工夫が非常に効果的になります。

辞書を利用して精確な理解が大切

文法書のメリットで書きましたが、
細かな違いを違いを理解することが文法書の利点です。

そのためには書かれた内容を正確に理解することが欠かせません。
何となくの理解ではダメで、
自分の言葉で説明できるくらいの深い理解が無ければ使いこなすことができません。

そのためには文法書を読む際には、
必ず辞書を利用して読むようにしましょう。

辞書自体は英和辞典でも英英辞典でもどちらでも良いと思います。
英語力に自信があれば英英辞典をおすすめしますが、
英英辞典を使いながら洋書を読むのは少し手間がかかりすぎます。

普段使い慣れた辞書を利用すれば十分です。

英英辞典を使いたい方は、
以下の記事で英英辞典のメリットをまとめていますのであわせてお読みください。

【関連記事】>>> 語学系大学生におすすめ!英英辞典の勧め【英語学習】

まとめ

この記事では、英語で書かれた英文法書のメリットについて紹介してきました。

受験や資格試験対策であれば、日本語で書かれた文法書で問題ありません。

英語を専門的に学びたかったり、
普段の生活で利用したかったりする場合は細かな表現が相手との関係に影響を与えることもあります。

微妙なニュアンスの違いや場面に適した表現などを習得したいときには、洋書の文法書を利用すると良いでしょう。

このように、当ブログでは英語学習についての情報を発信しています。
また、Twitter(@maroandmeru)でも様々な話題をつぶやいています。
良ければフォローお願いします。

関連記事はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA