英会話サービス

子供向けの英語学習サービス「英会話家庭教師のファイン」の特徴をご紹介

この記事では、
子供向けの「家庭教師タイプの英会話教室」をご紹介します。

これからの時代では、
英語の勉強はどんどん早期化されていきます。

小学生のうちから英語に苦手意識が付くと、
長期間にわたって苦労することになってしまいますよね。

とはいえ自分で教えるには時間も無いし、
ちゃんと教えられるか不安という保護者の方も大勢います。

そこでファインは、
講師が自宅まで英会話を教えに来てくれます

子供を英会話教室まで送り迎えする手間も不要ですし、
子供の勉強の様子も確認できて安心です。

早めから英語に触れることで、
子供の将来の展望がグッと開けてきます。

本記事をご覧いただき、
ぜひ一度「家庭教師型英会話教室」を選択肢に入れてみてください。

【英会話家庭教師のファイン】
公式HP → 英会話家庭教師のファイン

英会話が家庭教師で実現!子供向けサービス「ファイン」とは

今まで家庭教師というと、
通う形式の塾の代わりという位置づけがされてきました。

最近になって、
家庭教師の質も上がり少しずつ人気が出てきました。

一方で、英会話に関しては、
まだまだ英会話教室が中心で、
通わないといけないことが多かったと思います。

そんな中「ファイン」では、
講師に自宅に来てもらって英会話レッスンを受けることができます。

英会話家庭教師「ファイン」の特徴

それでは「ファイン」には、
どのような特徴・メリットがあるのでしょうか?

①自宅に限らず希望の場所で受講可能

②講師は日本人or外国人が選択可能

③希望の日時にたっぷり60分授業

ファインの特徴には上記の3つのポイントがあります。

1つずつ詳しく見ていきましょう。

自宅に限らず希望の場所で受講可能

ファインは家庭教師式の英会話レッスンですが、
レッスンを受けるのは自宅でなくてもOKです。

通う必要が無いのは楽ですが、
家に上がられることに抵抗感を持つ方もたくさんいます。

小さい子がいたり部屋の掃除をする時間が無かったりすると、むしろ家でのレッスンは負担にもなります。

そこでファインでは、
自宅でなくても近所のカフェなどでレッスンを受講できます。

例えば、最初は近くの喫茶店で受けてみて、
慣れてきたら自宅で受けることもできます。

講師は日本人or外国人が選択可能

ファインの講師陣には、
日本人と外国人の両方の講師が在籍しています。

外国人講師の中でも、
英語を母語とする「ネイティヴ講師」も在籍しています。

※ネイティブ講師指定だと時間当たり500円の別途料金

ネイティブ講師じゃないと英語のレベルに不安を感じるかもしれませんが、小中学校に勤務しているALTの先生にも非ネイティブ講師はたくさんいます。

国籍などはあまりこだわりすぎず、
日本人講師にするか外国人講師にするかで考えるのが良いと思います。

希望の日時にたっぷり60分授業

指導場所が自由なだけでなく、
時間や曜日なども好きなタイミングを指定することができます。

希望の日時をレッスン日に指定できるので、
他の習い事との両立も大丈夫です。

1回のレッスン時間はたっぷり60分から選択できます。
希望によって1.5時間や2時間など延長することもできます。

詳しくは後述しますが、
2時間のレッスンにすると1時間当たりの授業料が割安にもなります。

指導回数は月レベルで回数を設定することになります。





スポンサーリンク

ファインの料金設定

ここからはファインの料金設定についてご紹介していきます。

①月あたりの指導回数

②指導時間

③交通費(一律で指導回数1回あたり1000円)

これらに加えて月会費を加えたものが、
1月あたりの料金になってきます。

少し細かい部分があるので、
詳しくは公式HPを参照ください。
【公式ホームページ】>>> ファイン 料金表

ファインでは入会金として33,000円がかかります。
プラスで2か月分の月額費が先払いとなっています。

入会時点でかかる金額は以上です。

ちなみに教材費は0円です。
講師が持参する教材を利用することができるので、
購入する必要はありません

それではいくつかモデルケースを利用して、
入会時と月額でそれぞれどれくらいかかるかご紹介します。

モデルケース①:1回60分 月4回₍週1回₎の場合

初めに一般的なプランとして、
週に1回60分授業の場合を見ていきましょう。

60分・90分授業だと、
1時間当たり4,000円が指導料としてかかります。
このケースだと4,000×4時間=16,000円です₍①₎

交通費は1回あたり1000円で固定なので、
月に1000×4回=4,000円です。₍②₎

最後に週1回のレッスンだと月会費として、
6,600円がかかってきます。₍③₎

①+②+③=26,600円

この金額が1ヵ月あたりの料金になります。

モデルケース②:1回60分 月8回₍週2回₎の場合

次に週に1回60分、週に2回の場合です。

①、②は先ほどの場合と同じ式が使えますので、
4,000×8時間=32,000円₍①₎

1,000×8回=8,000円₍②₎

月会費は週に2回だと9,900円になるので、
③は9,900円がかかります。

①+②+③=49,900円

ご覧のように、
指導回数が倍になっても月会費が割安な分、
少しお得に利用することができます。

モデルケース③:1回120分 月4回₍週1回₎の場合

最後が週に1回で1回あたり120分授業の場合です。

120分授業だと、①の1時間当たりの指導料が3,500円に下がります。
3,500×8時間=28,000円が指導料です。₍①₎

交通費の計算は同じなので、
1,000×4回=4,000円です。₍②₎

月会費は週に1回なので6,600円です。(③)

①+②+③=38,600円

料金については必ず直接確認を

3種類のモデルケースを見てきましたが、
ご覧のように指導回数や指導時間によって料金はまちまちです。

必ずお問い合わせをしてみて、
どれくらい費用がかかるか確認するようにしてください。
【お問い合わせフォーム】 >>> 家庭教師のファイン お問い合わせフォーム

対応地域

家庭教師型の英会話教室ということで、
残念ながら講師の派遣に対応していない地域もあります

こちらも料金同様、
詳しくは問い合わせをしてもらえると確実です。

→ 問い合わせ先はこちら

まずは無料体験を受講しましょう

この記事では、家庭教師型の英会話教室「ファイン」をご紹介してきました。

まだまだ自宅まで来てくれる英会話レッスンは多くありません。
時間や曜日も融通が利き
指導時間も60分からとたっぷり学ぶことができます。

ファインでは無料体験授業を実施しています。

家庭教師型の場合は自宅に講師が来ることになるので、
相性の問題は重要になってきますよね。

必ず体験授業は受講するようにしましょう。
【英会話家庭教師のファイン】
公式HP → 英会話家庭教師のファイン

このように当ブログでは、
勉強に関する様々な情報をまとめています。

Twitter₍@maroandmeru₎でも、
教育に関わる問題をツイートしているので、
良ければフォローをお願いします!

関連記事はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA