教育情報

「早いうちから始めるべき?」小学生のうちから英語教育を行う3つのメリット

この記事では、英語の早期教育のメリットについてご紹介します。

英語が小学3年生から本格的に始まることで、学校以外でも勉強させた方が良いのか不安な保護者も多いのではないでしょうか?

「子どもは英語の授業についていけるかな」
「英語を習わせたほうが良いんじゃないか」
こういった不安を抱くのは自然なことです。

結論から言うと、
英語学習は早いほうが良い」です。

それには大きく分けて3つの理由が存在します。

また、小学生段階で利用すべきおすすめのサービス・教材もご紹介します!

この記事を読んでもらえたら、子供の英語学習に関する不安が軽くなります!

それでは見ていきましょう。

英語学習を早期に始めるべき3つの理由

学習指導要領が2020年度から変わりました。

これに伴って、英語が教科となります。

教科になるとはどういうことでしょうか?

一言で言うと、「成績が付く」ということになります。

それでは何で、英語の学習が前倒しになったのでしょうか?

その理由としては主に以下の3点が挙げられます。

①英語を習得するには臨界期以前の学習が必要

②多文化意識の発達を促すことができる

③影響力をもつには英語が必須

以上の3つが、幼少期から英語に触れさせた方が良いと考える理由です。

英語学習早期化の理由がわかれば、何をしてあげるのがベストなのかも見えてきますよ!

①英語を習得するには臨界期以前の学習が必要

英語に限らず、外国語の習得に関して「臨界期仮説」というものがあります。

臨界期仮説とは・・・

臨界期とは、言語を比較的容易に習得できる思春期(約12歳~13歳)までの期間であり、これを過ぎると生得的な習得能力が失われ、言語習得が困難になるという仮説
(グローバル時代の英語教育―新しい英語科教育法、岡秀夫 編著)のことです。

特に発音面では臨界期の影響が大きいと言われています。

臨界期仮説に基づくと、遅くとも小学生のうちには学習を開始しなくてはいけません。

そのため、小学生のうちから英語の時間数が大幅に増加されることにつながっています。

中学・高校の6年間で学校教育を完成させるよりも
英語に触れる時間(量)が確保できることになります。

幼少期から英語学習を行うことによって、英語を聞く・話すことにより慣れ親しむことができると思います。

幼少期から話すことを経験していけば、ゆっくりでも会話レベルを上げていくことができるようになります。

読む・書くということに関しても同様のことが言えます。

以上が1つ目の理由です。

臨界期仮説について様々な研究を基に考察してある1冊です!!
英語学習は早いほど良いのか (岩波新書)

幅広く色々な角度から考察されている1冊です!₍少し専門的₎
レビュー㊿:「英語教育の諸相」【書評】

 

②多文化意識の発達を促すことができる

英語を早期に学習した方が良い1つ目の理由として、臨界期仮説というものを挙げました。

この理由は英語の能力に関する理由でしたが、2つ目の理由は「英語で必要な能力」に関する理由です。

平成20年告示小学校学習指導要領では、
小学校における外国語学習の目標を、

外国語を通じて,言語や文化について体験的に理解を深め,積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成を図り,外国語の音声や基本的な表現に慣れ親しませながら,コミュニケーション能力の素地を養う。

としています。

この目標からも分かるように、言語を学ぶことはその国の文化を学ぶこととつながります。

学校のテストや資格でいい結果を残すだけでなく、英語を用いてコミュニケーション取ることが求められています。

外国人労働者や観光客の増加など、日本国内におけるグローバル化もますます進んでいくことが考えられます。

異なる文化をもっている人たちと良い人間関係を築くには、自分たちの常識が世界の常識ではないということを知る必要があります。

その入り口として外国語教育は有意義であると思います。

自分の聞いたことのない外国語という音声を聞いたり、外国語を話したりという経験は、言語や文化に対する体験的な理解へと繋がります。

そのような経験を幼いうちに積むことによって、自分とは違う外見、言葉をもった人もいるという「違和」への寛容の精神が育まれるのではないでしょうか。

異なる文化を知り、その存在を知ることによって、自分の個性も理解することにも繋がります。

外国語は多文化理解の入口として重要で、柔軟な思考をもつ小学生のうちから外国語を学ぶことは大きな意味を持つと思います。

③影響力をもつには英語が必須

国際社会で発信力をもつためには、英語の習得は必須と言えます。

※実際に年収と英語力には相関関係があるというデータもあります。
【関連記事】 >>> 収入アップに必須!もう無視できない英語力と高年収の関係性

国際化が進んでいることで、日本で働けば英語は不要という時代では無くなりつつあります。

今までの中学・高校をメインとした英語教育では、言語を習得するには不十分であると考えられています。

そこで小学校から英語が教科化されるわけですが、それでも学校の授業だけで英語を習得するのは困難と言わざるを得ません。

そうすると1つ目の理由でも記述しましたが、学習量を増やすという方向から考えていく必要があるのかもしれません。

英語を使う機会に怯えながら生活するよりも、必要があれば使える状況にあった方が好ましいでしょう。

英語の早期教育に必要な「楽しさ」

早期に英語学習をする理由を見てきましたが、それでは英語を勉強する上で大切なポイントは何でしょう?

小学生や小学校就学以前から英語を始めて、それを継続させるには「楽しさ」が不可欠です。

小学生以下のうちは専門的な内容よりも、楽しく英語に触れられる時間を確保ることに注意しましょう。

大人が使うような文字ベースの教材では子供にとって楽しむことはできません。

対象年齢よりも上の教材から始めても、長期的に見て英語力の向上には繋がらないので、とにかく興味をもってもらうことに着眼点を置くと良いでしょう。

「楽しく」学べるおすすめ教材

楽しさを確保することが、英語を早い段階から継続的に学習させるには不可欠ということを紹介しました。

2つほど英語学習の初期段階としておすすめの教材を挙げておくので、教材を選ぶ際の参考にしてみてください。

幼児英語 DVD Goomies

一つ目がDVD教材になります。

対象年齢が0~6歳と、
小学校就学以前の子供が対象になっている教材です。

小学生以上を対象とした英会話教材が流行っている中で、まだまだ幼児向け教材は発展途上といったところでした。

そういった中でGoomies English for Kidsは、幼児向け専門に開発された貴重な教材を提供していると言えます。

小学校に入る前の段階では、文字による学習は難しくなります。

そこでいかに、高品質の映像教材を準備することができるかがキモになってきます。

GoomiesのDVDは1本あたり30話、90分収録されていて、ボリューム的には問題ありません。

内容は、うた・アニメと言った耳で楽しめるものになっているので、小さい子供の集中力でも楽しめます。

GoomiesのDVDのメリットをまとめると以下のようになります。

低価格で購入でき、長時間使える

貴重な幼児向け教材

内容を真似したり歌ったり身体を使って学習できる

子供向け教材として特化している一方で、デメリットもあります。

一つには学習内容が特別目新しいというわけではないので、新たな学習法というよりも、英語学習をより早く始めるといったイメージになります。

また、エピソードごとに単語のフラッシュカードがありますが、英語を楽しむという点ではマイナスに作用することもあるので、使用するかどうかはよく考えなくてはいけません。

GoomiesのDVDのデメリットをまとめると以下のようになります。

目新しい教材ではない

保護者側が教材をうまく使ってあげる必要がある



ハッチリンクジュニア


一つ目は幼児向けの教材でしたが、続いては、幼児から小学校高学年まで幅広く英語を学ぶことのできるサービスです。

ハッチリンクジュニアオンラインの英会話スクールです。早速メリットについて見てきましょう。

まず1つ目がオンラインによる授業なので、送迎等保護者にかかる負担が非常に小さいということが挙げられます。

また、安全面でも在宅で授業を受けられることは大きなメリットと言えます。

2つ目が授業面でのメリットです。

ハッチリンクジュニアは、幼児向けの外国語学習サービスとしては珍しく、講師陣が外国人になっています。

ただ英語に慣れ親しむことが目的じゃなくて、英語力の向上に主眼を置いている点も好感が持てます。

3つ目のメリットが金銭面の負担の小ささです。

長い期間にわたって続けるためには、
金銭面で負担が大きくてはいけません。

この点においてハッチリンクジュニアは、1回25分授業を月に4回、2980で受講できます。

回数を増やすほど割安になる仕組みになっていて、一番人気の12回コース₍しっかり学習コース₎は、月に5980円で受けられます。

ハッチリンクジュニアメリットをまとめると以下のようになります。

在宅で英語を学べるため保護者も安心

外国人講師が担当なため、本物の英語に触れられる

週に1回2980円から受講可能

会員登録をすると無料授業が2回受けられます。

合う合わないを含めて、まずは体験授業を受講されることをオススメします!

次にデメリットについて見ていきましょう。

まず初めになんと言っても、ネット環境の準備が必要ということが挙げられるでしょう。

スカイプでの授業であるため、安定したネット回線を用意する必要があります。

同様の理由から、子供がネットを利用する必要があるため、保護者はネット利用に関して注意が必要です。

次に受講時間の柔軟性の問題です。

担当講師は好きな講師を選択することが可能ですが、担任制ではないので、講師のスケジュールを確認して予約を入れる必要があります。

ハッチリンクジュニアのデメリットをまとめると以下のようになります。

安定したインターネット回線が必要

受講時間の選択肢が狭い場合もありうる₍講師次第₎




ハッチリンクジュニアについては、
別記事でも詳しく紹介しています。

参考にしていただけたらと思います。
関連記事】 >>> 小・中・高校生専用オンライン英会話「ハッチリンク ジュニア」とは?【メリット・デメリット】

早期教育の重要性「まとめ」

本記事では英語の早期教育について、3つのメリットをご紹介してきました。

「臨界期仮説」という考え方からも、英語を早めに始めることにはメリットがあると言えそうです。

また、英語を通して多文化を学ぶことで、幅広いものの見方につながることも期待されます。

「英語ができる」から「英語を使ってコミュニケーションができる」ことが求められる時代に変わってきています。

そのためにも英語学習の機会を学校外でも作ってあげることは、子供にとって有意義なことと言えます。

このように本ブログでは、
英語教育に関する情報を発信しています。

またTwitter(@maroandmeru)でも、
教育にかかわる内容をつぶやいていますので、
フォローお願いします。

関連記事はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA