英語学習

中学生が英語を勉強するなら塾よりも英会話教室を勧める理由

ここ最近の流れとして、
学校外で塾などの勉強に関する習い事をさせている家庭が一般的になっています。

中学生の通塾率は、
全国平均で過半数を超えているというデータもあります。

中学生通塾率 [ 2017年第一位 奈良県 ]|都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン]

特に英語の重要性が高まっていて、
子ども自身も含めて英語を頑張りたいというニーズは高まっています。

結論から言うと、
英語に重点を置いてレベルアップしたいなら、
学習塾で習うよりも英会話に力を入れることをオススメします。

「子どもに英語を頑張ってもらいたい」

と考えているとしたら、
ぜひ習い事として英会話を選択肢に入れてみてください!

塾と英会話教室の違いって?

塾と家庭教師には根本的な違いがいくつかあります。

それぞれの教え方の特徴を押さえることで、
どっちで勉強するのが合っているのか正しく知ることができます。

広く浅くの塾・狭く深くの英会話教室

塾と英会話教室の違いには、
教える内容に違いがあります。

塾は英数を中心に、
5教科勉強することができるところがほとんどです。

一方で英会話教室の場合は、
英語一択になります。
英語の中でも「会話能力」に重点を置いています。

塾でも英語を教えますが、
文法や単語を中心として、
「読む」「書く」の勉強が中心です。

ですので英語だけを勉強したいのか、
他の教科もあわせて勉強したいのかで選択肢は大きく変わってきます。




スポンサーリンク

「英語を学ぶなら」英会話教室が有利

そもそも塾と英会話教室では、
どの教科を勉強したいのかで変わってきます。

そこで「英語だけ」を頑張りたいなら、
英会話教室の方が有利に働くと考えています。

英語の音声に早いうちから慣れることができる

英会話教室をお勧めする理由に、
早い段階で英語の音声に慣れることができるという点があります。

補聴器専門店【東京都杉並区・荻窪】ベターエイジ » きこえについてによると、年齢が上がるにつれて高音域の音声が聞こえづらくなる傾向があります。

英語は日本語に比べて高音域の音です。
音声理解という点では、
早い時期に慣れておくことは大きなメリットと言えそうです。

実際に、英語の場合は母音だけでもかなり多種類が存在します。
音を聞き分けるうえでも、
聞こえの良さというのは明らかに必要な要素になってきます。

また塾との違いでも挙げましたが、
塾での英語は「読む」「書く」が中心になります。

音声理解関しては、
どうしても会話で練習する必要が出てきます。

英会話能力の素地になる

英会話ができるようになるうえで、
中学生の範囲で話せることは大きな利点になるということです。

中学生の範囲で習わない文法もありますが、
中学生の範囲の内容は英語の基礎の基礎になります。

例えば、現在・過去・未来すべての時間帯の表し方を学びます。

単語力は少しずつ増やしていく必要がありますが、
会話に対する反射神経は早いうちに身につけた方が有利になります。

「英語を話す」ということに、
特別意識を持たせないようにすることにもつながります。

英会話を苦痛に感じるようになってしまうと、
なかなか苦手意識が抜けなくなってしまいます。

話すことに慣れるという観点から、
英会話教室は英語を学ばせるうえでは最適な環境であると考えます。

会話能力が求められる時代に

塾と家庭教師ではそれぞれ役割が異なります。

どちらが良い・悪いではなく、

「どの教科を頑張りたいのか」
「どんな力を付けたいのか」

によって選択肢が変わってくるはずです。

その中で、英語に関して言えば、
話せる力」が求められています。

コミュニケーション能力が必要な時代おいて、
そもそも言葉を話せないというのは大きなデメリットです。

大学入試でも、
「読む」「書く」「聞く」「話す」
4技能の総合的な能力が求められるようになります。

自分で勉強する時に、
「話す」勉強をするのはかなり大変です・・・。

自分で対策が難しいところを、
学習サービスで補うことで、
反対に自分でも勉強できるところが分かるようになります。

ぜひ、「英会話」という選択肢を、
英語の勉強の際に取り入れてみてください!

関連記事はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA