英語学習

大学生からの習い事!英会話を習うメリットとは!

習い事というと、高校生までがするものだと思っていませんか?

実際に、通塾率や習い事に通っている割合のデータを見ても、
高校までのものがほとんどなんです!

高校を卒業して就職する学生もいますし、
高校生になると偏差値帯によって通塾率が割れる傾向もあります。

ちなみに・・・ベネッセの調査によると
偏差値55以上の高校生で35%強
50以上55未満で30%弱となっています。
(参考データ:学校外の学習機会)

この数字が高いか低いかは別として、
大人になってから、習い事したことがあるかどうかの調査を見ると
約40%の人が習い事をした経験があると答えています!
(参考データ:HONOTE)

思ったより多くないですか?
スポーツ系など全てのジャンルが含まれているにしても
大人になっても習い事をする人は珍しくありません!

そうすると・・・
高校生と社会人の間にあたる、大学生はどうなんでしょうか?

これが私の調べた限りではデータが無いんですね。
それだけ、大学生と習い事の結びつきが無いのが現状になります。

大学生のうちにスキルを身につけましょう!

何で大学生の習い事は流行らないんでしょうか?
一つには、経済的な問題があると思います!

高校生までと比べて、保護者が大学生の子供に習い事代を払おうって感覚があんまり無いと思うんですよね・・・。

大学生になるとアルバイトも自由にできますし、
保護者としても、大学入学時点で一安心的な部分があります。

それでもですね!
日本学生支援機構の調査だと、74%の大学生がアルバイトをしていて
その中の33.7%が家庭からの給付だけで、大学に修学しています。

ということは!
アルバイトで稼いだお金を自由に使うことができる人は、結構いるんですよね・・・。

僕も大学生のころはサークルとか飲み会とかありました。
アルバイトで稼いでも結構消えちゃう気持ちも分かります!

それでも大学生で自由が増えたからこそ、
習い事に励むことが大切だと思います!!

4年間をアルバイトとかサークルだけに費やすのはもったいない!
それでなくても日本の大学生は、学習時間が少ないって言われてますからね。

習い事って何すればいいの?

少し自由に使えるお金や時間ができたとして、
習い事って何をすれば良いの?
という疑問が出てくる人もいるかもしれません。

したいことがある人は、好きなことに取り組めば問題ありません。
悩んでる人には「英会話・語学系」をおススメします!

私の中では「英会話」一択ですね!
特に、将来語学系に進まない人は、資格を取っても使えるか分かりませんし
一から文法をやったりするのは大変だと思います。

それにれっきとした事実として
年収が高い人の多くは、日常会話レベルの英会話ができるんです!!
詳しくは以前の記事にまとめてあるのでご覧ください!
関連記事:収入アップに必須!もう無視できない英語力と高収入の関係性

英語が必要とされる流れは当分続きそうですし、
働いてから勉強するよりも、学生のうちに一歩踏み出しておくことで
将来的な時間の節約になります。

オススメの英会話教室はこれ!

【Cambly(キャンブリー)】




初めに『キャンブリー』です。
個人的には完全に大学生向きでは?と思っているサービスです。

スマホPCタブレットなど様々なデバイスで受講できるんですよね。
世の中デジタル化が進んでいますからね。
どんどん若い人向けなサービスが進んでいます。

ハイテクと言えば英会話って会話につまりそうで怖くないですか?
僕なんて日本語でも初対面だと話すことなくなりますもん・・・。
この点キャンブリーだと「翻訳機能付きチャット」 があります。

英語でなんて言うか分からない時は日本語でチャットすれば、
会話に詰まらないで気まずい時間を過ごさずに済みます!

もちろん講師の予約もできますから、気が合う講師を見つけて
英会話ができますし、気分転換で別の講師と話すこともできます。

講師の国籍も様々なので、色々な英語に触れることができる点もオススメです。

ちなみに・・・
週1回15分のプランから、日数と時間を自由に選べます。
金額のシミュレーションもできますし、懐事情と相談しながら進められる点はまさに学生にピッタリです。

スマホ・PC・タブレットなど様々なデバイスで受講可能。

予約不要で受講可。予約して好きな講師と会話もOK

週1回15分から受講できて、金額のシミュレーションも備えている。

イングリッシュ・ビレッジ




続いてがイングリッシュ・ビレッジになります。
こちらは完全にお財布にやさしい英会話教室です。

1レッスン40分授業で2,100円で受講可能です。
2回目以降は10回ごとのセットになりますが、
無料体験もありますし、いったん受けてみて考えられる点は親切設計と言えます。

更に、不規則な生活にも対応していて
月謝制ではないんですね。
回数制なので

この時期はバイトが繁忙期だから
大学の課題がある

などの学生ならではの悩みにも答えてくれます!

講師のレベルの高さも特筆すべき点だと思います。
ネイティヴオンリーはもちろんの事、
採用基準に4大卒という条件もあるほど、厳しい採用基準も設けているようですね。

マイナス要素はキャンブリーと違って
スクールまで通う必要がある点です。

渋谷・新宿など山手線沿いを中心に、吉祥寺・横浜校があります。
大学が近い人には苦にならない点かもしれませんが、
地方の人には少し不便ですね。
(※2019年春からスカイプでの授業が始まるそうです。詳しくはHPをご確認ください。)

公式HP:English Village

40分授業2100円から受講可能な格安プラン

講師の採用基準が高く良質な英語で指導が受けられる

都内近辺在住・通学の人にはアクセス良好(スカイプ授業も開始予定)

【 HiNative Trek 】




お次がHiNative Trek(ハイネイティブ トレック)です。
こちらは自主的・継続的に学習するのが苦手な人に最適です!
甘やかしてくれるわけじゃないです(笑)
平日は毎日課題をくれます!!

といってもスパルタなわけじゃなくて、
課題はまとめて提出することも可能です。
生活リズムに合わせて進められる点は大学生向けです。

課題に対して英作文と音声で投稿するため、
発音・文構造の両方を見てもらえます。
徹底してアウトプット能力を鍛えることができます。

もちろん講師が添削してくれますし、
質問することも可能です。

テキストでの質問ができますので、
直接聞くのが恥ずかしい人や、聞きたいことを言葉にすることが難しい人でも安心です!

デメリットは直接会話ができるわけではない点です。
英会話をするために必要な、インプット・アウトプットの機会をくれるものです。

継続的に課題があるため、学習習慣が身につく

話すだけでなく、英作文も見てもらえる

直接的に英会話をするわけじゃない点はデメリット

語学系の仕事に就きたい人はよりハイレベルなものを

ここまで挙げたものは、英会話を中心として英語を楽しく勉強するものです。
今は英語が苦手でも、長い目で見て頑張っていけるものになっています。

一方で、将来的に語学を活かして働きたい人は、
更に上のレベルの内容が必要になってきます。

資格の取得が必要になることも少なくありません。
箔をつけるためにも必要になってくるでしょう。

ここからは、語学を専門に学んでいる大学生向けの
英語学習プログラムを紹介します。

【GABA】




ドンドン英語力を向上させたい人はGABAがオススメです。
まずは大手である点が安心材料です。
実績十分と言えるでしょう。

マンツーマンレッスンを受けられる点が大きな特徴になります。
グループでは時間が分散されてしまいますから、
一気に英語力を上げたいならマンツーマンは必須の条件です。

ビジネスコースと英会話コースがありますが、
大学生だからって日常会話コースを選ぶ必要はありません。
語学系の大学だと、プレゼンを英語でやることも多いかと思います。

将来英語を使ったビジネスの世界に身を置くつもりなら、
早めから学び始めて損はありません!

もちろん無料体験レッスンもありますから、
合わないなと思ったらいつでも辞められます。

講師も50か国以上から構成されていて、
趣味などのプロフィールを見ながら選べますから、
自分に合う講師で受講できます。

レッスン日時を毎回選ぶことができる点はもはや必須条件ですね。
自分の予定に合わせて受講できます。

大手が運営しているので安心感バツグン

マンツーマン指導だから個人にあった学習プランが組める

多彩な講師陣から選択可能

レッスン日時に融通が利く

英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH




続いてが、今流行りのスタディサプリです。
英語を専門に学習している大学生は、学習習慣や学習法が確立されている人も多いです。
そういう人には、補助的な教材でも十分に効果を発揮すると考えています!

テレビCMでも目にすることがありますが、
人気があるのには理由があるんですね!

まずは何といっても金額面です!
大学生にとって金銭問題は死活問題になります。

日常会話コース月額1000円未満で使えます。
こういったサービスのいやらしいところである、
「使いこむには別途料金」が無いのも好印象!

また、アプリで学習できるのが学習をはかどらせます。
外出先でもリスニングからディクテーションまでおこなえます。

学習内容も無味乾燥な内容じゃなくて、
ドラマ仕立てになっていて単純に面白いです!

とにかく手軽に始められる点は他には無いメリットですし、
教材の購入も不要なため登録してすぐに学習がスタートできます。

月額1000円未満で始められるお財布への優しさ

学習内容がドラマ仕立てで身近な内容

教材の購入不要。即スタート

【無料カウンセリング】1ヶ月のTOEICプログラム




短期間でTOEICを向上させたい人はこちらです。
就活も始まりましたし、資格で優位に立ちたい人には時間がありません

TOEIC750点は、教員採用試験でプラス点になる自治体もあります。

限られた時間の中で点数を上げるには、
専門的なプログラムを使うのが最も早いのは言うまでもありません。

このプログラムはTOEIC未受験者向けではありません。
完全に750点という一つの目標を越えるためだけのプログラムです。

ですので、通訳などの「英語のプロとして働く」ことを目指している人には積極的に利用してもらいたいです。

1か月で750点を目指すので、毎日の学習が必須になります。
一方で、それだけやれば確実に周囲の人と差をつけることはできます。
何より自信につながることは間違いなし!!

TOEIC専門のプログラムで目標が明確

英語を仕事にしたいならTOEIC750は必須

金額は149,800円と覚悟が必要か(無料カウンセリング有り)

留学という選択肢はいかが?

ここまで様々なプログラムをご紹介しました。
いずれも「日本でいかに勉強するか」が根本にあります。

ネイティヴの講師を用意したり、時間に融通が利いたりと
有意義な学習時間に着目されています。

それでも自分から進んで英語に触れないと
なかなか学習時間が確保できません。

大学生になったのであれば、
思い切って留学に行くことも一つの選択肢かと思います!

それこそ嫌でも英語ばっかり耳に入って来ます。
体調崩して病院に行っても、ニュースを見てても英語ですもん(笑)

英語漬けの環境に身を置くことは、大学生のうちの方が社会人よりも容易です。

ここから留学プログラムについていくつかご紹介します。

カナダ現地留学エージェントの【カナダジャーナル】




留学って大学を通さないと、少し不安じゃないですか?
海外に長期間行くわけですから、安全面は確保されていないといけません。

その点カナダジャーナルは1981年に創設された老舗です。
名前から分かるように、カナダを専門としています。
首都のバンクーバーだけでなく、カナダ全域に留学することができます。

僕的にカナダって良いと思うんですよね・・・
治安的にも比較的安全ですし、観光もできますから。
留学の場合、勉強だけじゃなくてプライベートをいかに充実させるかも大切ですし。
それこそ引きこもっていたら、日本で英語の勉強しても変わりません!

閑話休題

留学先の学校の手続きも無料で代行してくれるので、
安心して留学に向けた準備ができます!

語学学校プログラムもかなり多様です。
自分の目的や性格に合わせて選べます。
「国際交流も楽しみたい」「とにかく英語を話せるようになりたい」など
ニーズに合わせて学校を選択できる点が強みと言えます。

留学中も日本人スタッフがサポートしてくれます。
駐在員が外国人だと色々大変ですよね(笑)
何でなくてもナーバスになってるのに、イマイチ話が伝わらなかったらホームシックまっしぐらです・・・。

しかもカナダジャーナルは、帰国後のキャリアプランニングまでしてくれます!
帰国してから留学経験を生かすことができるサポート体制と言えそうです。

老舗の会社で実績十分

カナダ全域が留学圏内で選択肢が豊富

学校入学手続きを無料で代行

日本人スタッフが対応(帰国後のライフプランまでサポート)

世界32カ国から探せる語学留学予約サイトSchool With




続いてがSchool Withです。
こちらはなんと留学先が32か国から選べます

アメリカやイギリスなど留学先としてメジャー先として一般的な国から、
フィジーやコスタリカなど珍しい国まで様々な選択肢があります。

選択肢が多いとどこにしていいか迷うこともありますよね?
そんな人は年齢・性別・学生(社会人)を選択すると、
オススメな留学先の学校を示してくれる機能もあります。

また、短期留学に向いている学校・TOEICの試験対策コースがある学校など
目的別に選択することができます!

オンライン上で留学手続きができるため、
非常に簡単に申し込み可能です。

School Withでは留学説明会やセミナーも実施しています。
他にも留学ブログなど留学に関する情報を網羅されています。

留学先が多彩(英語圏以外も)

診断機能で自分に合った留学先が選べる

オンライン上で留学先選択から手続きまで完了可

留学情報が満載

大学生のうちに英語力を身につけよう!

今は英語を勉強する場所を選ぶ必要すらありません。
どんな場所でも簡単に英語を学ぶことができます。

問題は行動に移すかどうかです。
数ある選択肢から、自分に合ったものを探すことが大切です!




スポンサーリンク
英語は今後、ますます重要になっていくことが考えられます。
大学生のうちに英語を勉強することは、
今後のキャリアを向上させていくことために大切なことだと思います。

関連記事はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA