教育関連

レビュー㊼:「知識を操る超読書術」【書評】

この記事では、メンタリストのDaigo氏によって書かれた、
知識を操る超読書術」をご紹介します。

あなたは読書をするときに、
「最初の数ページで飽きちゃった」
「何が書いてあったか全く思い出せない」
といった経験をしたことはありませんか?

実はこの現象、
あなたの努力不足や集中力不足ではないんです。

このような状況になってしまうのは、
「読書の正しいやり方」について知らないからだったんです。

本書を読むと、
読書の進め方だけでなく「読書の準備」から「読書の活用方法」まで学ぶことができます。

本を読みたいんだけど途中で挫折してしまうという人には、
ぜひ一読いただきたい1冊のご紹介です。

効果的な読書をするために必要な3つの要素

あなたは読書に関して、
1冊読み切れないで飽きちゃう
せっかく読書をしたのに内容をあまり覚えてない
といった悩みを抱いたことはありませんか?

実はこの現象は、
あなたに記憶力や読解力が足りないから起こるのではありません

役に立つ読書をするためには、
本を読んでいる最中はもちろんのこと、
本を読み始める前後も大切になってきます。

知識を操る超読書術」では読書を以下の3つのステップに分けて、
それぞれで読書を最大限に効果的にするためのテクニックを紹介しています。

①読書を始める前の「準備」

②本の「読み方」

③読書で得た知識の「アウトプット」

細かな知識はぜひ本書を手に取って読んでいただきたいですが、この記事では1つずつどのような内容になっているのか説明していきたいと思います。

①読書を始める前の「準備」

読書で大切なのは、
実は読み始める前の準備段階だということを知っていましたか?

漠然と本を手に取って読み始めても、
最後まで集中力が続かなかったり途中で飽きてしまったりすることがあります。

それは、その本を読もうと思った「理由」が分からなくなってしまうからです。

スポーツでもけがを防ぐために準備体操が必要なように、
読書においても準備をすることで、
結果的に最後まで本を読み切ることに繋がっていくことになります。

準備として本書では「メンタルマップ」という方法を取り上げています。
メンタルマップは読書に関する専門用語ではありません。

元々は何か行動しようと思ったときに、
「理由」、「メリット」、「期待していること」などを書きだすことを指します。

これを本書では読書に応用して、
「この本を読もうと思った理由」
「この本から得たいもの」
「読んだ後にどのように活かしていきたいか」
を箇条書きで書きだしておきます。

これをすることによって、
途中で集中力が切れそうになった時に見返すことで、
最初の目標を思い出し、集中力を最後まで保つことができるという効果を発揮します。

このように、読書前にひと手間加えることで、
本を最後まで読み切ることができるようになります。

他にもテクニックが載っているので、
自分に合ったものを選んで使用すると良いでしょう。

②本の「読み方」

1冊読み通すための準備ができたら、
次に本を読み進めるためのテクニックについても書かれています。

細かな内容は省略しますが、
読書を受け身のものとして考えてはいけません。

大切なのは書かれている内容に対して、
「自分の意見と比べてどうなのか」や「人生経験の中で似たようなことがなかったか」など、あなたと関連付けながら主体的に読むことが重要です。

書かれた内容をただ暗記しようとして読むと、
読書自体が苦痛になったり読み終わった後に何も頭に残らないといったことになります。

自分の感情を働かせながら本を読み進めていくことが重要です。

具体的なテクニックも多く書かれているので、
本の読み方について知りたい方はぜひ一読ください。

③読書で得た知識の「アウトプット」

小説やマンガは別にしても、
実用書や自己啓発本に関しては読んで終わりではありません。

読書後の生活にどう生かすかがとても大切なポイントになります。
そのためには、読書中に学んだ知識が自由自在に引き出せるようになってなくてはいけません。

本書では頭に残る読書の仕方以外にも、
学んだことを実生活で相手にどう伝えるのかや説得の方法についても書かれています。

また、「他人に教えるつもり」で読書をすると記憶の定着率が30%近く上昇するというワシントン大学のデータも紹介されています。

現実に教えるかは別にしても、
いつか使おうと思いながら読書をすることで、
頭に残りやすくなるということが言えます。





スポンサーリンク

「良い読書」をするためのテクニック集のような1冊

多くの人にとって、本を読むこと自体は学生時代から慣れ親しんでいるはずです。

しかし、大人になってみると読書習慣が無くなったり、
読書しようにも読み切ることができなかったりします。

その原因には読書の準備不足があります。
実は私も読書をするに際して、
下準備をしたことはほとんどありませんでした。

しかし「知識を操る超読書術」を読んでみて、
確かに知りたいことがはっきりしている本はスラスラ読めると再認識しました。

例え何となく手に取った本でも、
数ある中から選び出した1冊です。

漠然と読み始める前に、
一度自分の心に「なんでこの本を読むんだろう?」、「何を求めているんだろう」と問いかけてみることが重要だと分かりました。

もちろん読み進めるために必要なポイントや、
本の内容をどのようにその後の生活に活かすかまで書かれています。

読書のための「テクニック集」的な感覚で読む進めることができる本になります。

関連記事はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA